【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」~あなたの離婚問題もきっと解決できます~

離婚 裁判 その1

離婚と調停の進め方がわかるように必要な項目と情報を整理しています。ここからは離婚・再婚のポイントです。生きていれば誰でもいつかは結婚したいと思うでしょう。
理想のパートナーを見つけ、子供を作り、楽しい結婚生活を送れるなんて人生最大の楽しみですよね。
誰でも、結婚するときは自分が幸せになることを確信するものです。
しかしながら、そんな理想的な結婚生活が誰でも送れるものではありません。
実際に結婚してみてからパートナーの人格ががらりと変わってしまったり、浮気や不倫等結婚しているからこそ様々な問題も発生します。
特に最近では一時の感情で安易に結婚する人が増え、離婚や再婚をする人が多くなってきているようです。
しかしながら、簡単に結婚することはできますが、いざ離婚をしたいと思っても相手が認めてくれなければ離婚をすることができません。
その際に必要になってくるのが離婚裁判です。
離婚裁判とは相手がどんなに離婚を認めなくても法律的に強制的に離婚することができます。
しかし、強制的に離婚するためにはそれなりの理由が必要となってきます。
例えば、相手側が不倫などの不貞がある場合や、悪意を持って捨てられた場合、更には3年以上蒸発している場合や、心身の病気で結婚生活を維持することができない場合が条件となります。
最近ではドメスティックバイオレンス等、過度の暴力で裁判離婚するケースも増えてきているようです。
この様に裁判離婚をすると確実に離婚をすることができますが、裁判を行いますので、長期にわたる可能性もあります。
また、弁護士等を雇う必要もありますので、金銭的にも負担は大きいと言えます。
これらの負担を考慮した上でも離婚したいならば専門の弁護士に相談してみましょう。

スポンサードリンク

離婚・再婚関連情報の離婚相談所情報をまとめています。
なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。
あくまで、参照程度にお願いいたします。

美和勇夫法律事務所
〒507-0027
岐阜県多治見市上野町4丁目29
弁護士事務所
0572-23-3904

35/20/17.142,137/7/42.862

美和勇夫
〒507-0027
岐阜県多治見市上野町4丁目45
弁護士事務所
0572-22-2773

尾関法律事務所
〒507-0024
岐阜県多治見市大正町1丁目4−201
弁護士事務所
0572-22-1766

上野芳朗
〒507-0024
岐阜県多治見市大正町2丁目53−3
弁護士事務所
0572-22-8768

尾関恵一
〒507-0068
岐阜県多治見市大薮町1641−1
弁護士事務所
0572-29-2407

| 離婚の基礎知識 |

離婚と再婚の進め方新着記事

離婚 手続き その1
離婚手続きには、民法の定める「協議離婚」・「裁判離婚」と、家事審判法が定める「調停離婚」・「審判離婚」があります。まず、協議離婚についてです。調停で離婚が成立することを、調停離婚といいます。これが審判離婚です。しかし、裁判所の関与する調停離婚・審判離婚・裁判離婚の手続きは、離婚全体に占める割合は1割に満たないようです。

離婚 無料相談
どんな夫婦でも一度は離婚について悩んだ時期があるかと思います。離婚をすること自体はそれ程難しいことではありませんが、慰謝料や財産分与、親権など、離婚前にはっきりしておかないとならないことが沢山あります。

再婚 幸せ
全婚姻件数の1/4が再婚ということです。ということは、再婚するということが社会に根づいているということがいえます。再婚(結婚)しただけじゃ、幸せになんてなれないと思います。再婚するより、継続することの方が、どれだけ大変か、一番理解してるのが、再婚者なのかもしれないと思います。

離婚協議書 その1
協議離婚の場合は離婚届を提出するだけで離婚が成立します。そこで離婚協議書が必要になってきます。離婚協議書が出来上がったら、公正証書にしておきます。催促を無視、もしくは、催促後も離婚協議書の内容が守られない場合は、離婚協議書を証拠に裁判を起こします。

熟年離婚 その1
熟年離婚がここ最近増えています。同居期間25年以上の熟年夫婦の離婚は、ここ10年で2倍、同居期間30年以上ですと3倍近くになっています。なぜ、長い間連れ添い、寄り添っていた夫婦が離婚してまで人生の余生を一人で過ごそうと思うのでしょう。奥様だって24時間、常に頑張ってきたのです。突然、離婚を言い出すかもしれませんよ。

離婚 準備
従って、離婚したいと思ってもそれなりの準備が重要となります。離婚前に決めておくべき重要なことはやはり、金銭的なことではないでしょうか。離婚の話を先に出してしまうと、一時の間、証拠隠しに不倫を中断する可能性もありますので、離婚話のタイミングも重要となります。

離婚 手続き その2
協議離婚は、「夫婦の離婚に関する合意」と「離婚届」を提出するだけとなります。家庭裁判所を介した離婚の方法には、調停離婚と審判離婚、裁判離婚があります。そして、最後の裁判離婚は、裁判所の審判により強制的に離婚させられるというものです。